てんかん発作に悩まされる男性

ラメズの有効成分ラモトリギン

ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品で、てんかん発作の中でも主に部分発作に対して強い効果を発揮する薬です。個人輸入サイトでお安く購入出来ますので、てんかん発作にお悩みの方にオススメです。

ラメズで得すること

ラメズとは抗てんかん薬のひとつであり、主成分はラモトリギンです。てんかんとは脳疾患のひとつと言われています。脳神経が興奮状態に陥ることで、全身が痙攣したり、意識障害に陥ったりというような発作が引き起こされます。てんかんは痙攣などの発作を引き起こすだけでなく、うつ病や知的障害などの合併症を引き起こす恐れもあります。ラメズは、興奮させる原因になるイオンに作用することで、てんかんの発作を抑え、脳疾患による症状を和らげる働きを持っています。ちなみに副作用もあり、めまいや湿疹や頭痛や集中力の低下や眠くなるなどの症状があるので、服用する際は医師の用法用量をきちんと守る必要がありますが、てんかんの症状よりは安全性が高くなります。しかし、ラメズと同様の成分で作られて、同様の効果と副作用がある薬にラミクタールというものが存在しますが、ラミクタールよりもラメズの方が得する点がいくつかあります。それはまず、低価格であるということです。なぜなら、ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品だからです。ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が切れた後に他社が製造する後発医薬品です。つまり、ラミクタールには多額の開発コストがかかっていますが、ラメズはジェネリック医薬品なので、開発コストが低く抑えられているため、低価格にできたのです。そして次に、新薬の飲みにくさなどの使用感を改良して販売されているという点です。つまり、ラメズは問題点を改良したうえで販売されているのです。このように、成分や有効性や安全性などは同等なのに、低価格であることと改良が加えられていることの二つのメリットがある分、ラメズの方が得していると言えるのです。

ラメズとラミクタールの比較

ラメズはラミクタールと呼ばれるグラクソ・スミスクラインが販売を行っている薬品のジェネリック医薬品の名称です。ジェネリック医薬品とは後発医薬品ともよばれますが、これは先行して販売されている薬品に使われている有効成分が有する物質特許の有効期限が過ぎた場合に他の製薬会社が先行販売されていた薬品と同様の構成で製造販売した薬品の事を指します。つまりラメズとラミクタールの関係はラミクタールが先行医薬品で、その構成を模倣した後発薬品がラメズという事になります。先行医薬品は様々な実験などで有効性や安全性の確認をする必要がありますが、後発医薬品においてはすでに先行医薬品で確認がされているため、先行医薬品よりも少ない手まで開発・販売を行う事が出来るという長所があり、その分薬品自体の値段も安くなるため購入者にとってもメリットがある制度です。ラメズの有効成分はラモトリギンと呼ばれる物質でてんかんの部分発作だけでなく様々なタイプの発作に有効とされています。そして抗てんかん薬としてだけでなく、双極性障害治療薬としての効能も期待できるためうつ病の予防薬としても広く利用されています。双極性障害は一般的には躁うつ病と呼ばれていいますが、これはうつ状態と躁状態を交互に繰り返してしまう心の病気です。うつ状態に入っている場合は悲観的になったり気持ちが落ち込んでいたり、やる気を失っていたりしますが、躁状態になるととても落ち着きが無くなったり怒りっぽくなったりしますがラモトリギンはこの気分の浮き沈みを抑える効果があるのです。また抗てんかん薬として使用されるラメズはいわゆる部分発作に対して効果を発揮する薬品です。ラメズは現在日本では厚生労働省の認可が得られていない保険適用外の薬品になります。

ラメズの使用上の注意

ラメズは抗てんかん薬のひとつで、ラミクタールのジェネリック医薬品です。ラモトリギンを主成分にしており、てんかんなどの痙攣を抑制するほか、躁うつの治療薬としても利用されています。てんかんとは、脳内の電気信号を送る細胞が異常に興奮するために起きる発作で、脳疾患のひとつに位置づけられています。ラメズは主に神経細胞であるニューロンの活動を抑えることで、てんかん発作に繋がる興奮状態を抑えることが出来るのです。脳神経の興奮を抑える働きを利用して、部分発作と全般発作の強直間代発作に効果を発揮します。しかし、めまい・眠気・頭痛・発疹・集中力の低下などの副作用を伴うので注意が必要です。特に、服用後の自動車の運転は避けなければなりません。稀に過敏症症候群を引き起こす人がいます。服用する際は、主な成分のラモトリギンにアレルギーがある人は注意が必要です。子供の場合、発症すると治療が難しいと言われているレノックス・ガストー症候群に対しても有効だと言われています。女性の場合、経口避妊薬を利用している方や妊娠中や授乳中の方は、医師に必ず伝えなければなりませんし、少しでも体に異変を感じたら、医師の診察を受けるべきです。てんかんは何度も呼吸が停止するような発作を繰り返すと、脳に充分な酸素が送られず、知的障害などの合併症を引き起こすこともありますし、脳疾患が進んで、てんかん重積発作と呼ばれる発作がかなり長く続くようになると、死の危険もありますが、早期にラメズを服用することによってそれらを回避し、確かな効果が感じられます。そして、自分の判断で量を増やしたり減らしたり、途中で服用するのをやめたりせず、医師の指示を受けながら用法用量をきちんと守ることが大切です。